メニューを開く
検索エリア

ホームIoT推進に向けた多業種とのコラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」について

このページを印刷する

~「あんしん」「べんり」「たのしい」をコンセプトに、 パートナー企業のホームIoTサービスをサポート~

No.2017-144

  • KDDI株式会社

2017年11月21日

KDDIは、「あんしん」「べんり」「たのしい」をコンセプトにしたホームIoTサービス「au HOME」を多業種のパートナー企業と共同で企画、開発するコラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」を2018年1月下旬以降に提供開始する予定です。(注1)

今後普及が期待されるIoT市場において、さまざまな業種の企業がIoTに関連するサービスの検討および、提供を開始しています。KDDIは、ホームIoTの分野において、多業種のパートナー企業とコラボレーションしたサービスを企画・開発することにより、国内におけるホームIoTの普及を目指しています。

また、スマートフォンの世帯保有率が71.8% (注2) に達する国内市場において、住宅 (ホーム) 内のあらゆるセンサーとスマートフォンが連携することで、在宅時や外出時に限らず利用者の生活をより豊かにするため、今回、住宅業界をはじめとする25社の企業に賛同いただき、住宅 (ホーム) を起点としたホームIoTサービスの普及を推進していきます。KDDIは、今後もさまざまな企業と連携して、IoT市場の拡大に貢献していきます。

 「with HOME」の第1弾として、外出先からでも自宅の鍵・窓の開閉状況や、家族やペットの状況が確認できる「あんしん」、家電の操作ができる「べんり」、さらには、Googleの音声アシスタントを搭載したスマートスピーカー「Google Home」と連携した「たのしい」サービスをプラットフォームとして、パートナー企業へ提供する予定です。
「with HOME」のサービス詳細は決まり次第、発表します。

新規ウィンドウが開きます「with HOME」について

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:ホームIoT推進に向けた多業種とのコラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。