メニューを開く
検索エリア

セルラーLPWA向けIoTデバイス管理サービス「KDDI IoTコネクト デバイス管理」の提供について

このページを印刷する

~ファームウェア更新や省電力設定を遠隔から管理可能~

  • KDDI株式会社

2017年11月16日

KDDIは、IoT向けセルラーLPWA通信サービス「KDDI IoTコネクト LPWA (LTE-M)」提供に伴い、2018年1月より、お客さまのIoTデバイス (以下 お客さまIoT機器) と通信モジュールを遠隔で管理可能な「KDDI IoTコネクト デバイス管理 (LTE-M)」を提供します。

KDDI IoTコネクト デバイス管理

「KDDI IoTコネクト デバイス管理 (LTE-M)」は、「KDDI IoTコネクトLPWA (LTE-M)」と合わせてご利用いただくことで、スマートメーターや監視装置など、遠方に点在するお客さまIoT機器や通信モジュールの状態監視・設定をWEB上のサービスポータルから管理することができるサービスです。
現地に作業員を派遣せずとも、ファームウェア更新 (注1) や状態監視、省電力機能の設定 (注2) などの作業を、運用状況に合わせて柔軟にいつでも行うことができます。

また、昨今IoT機器の増加が見込まれる一方で、総務省・経済産業省によって策定された「IoTセキュリティガイドラインver1.0」(注3) では、セキュリティ上重要なアップデートを適切に行って、IoT機器を安全安心な状態に保つことが推奨されており、ファームウェア更新が可能であることが重要な機能の1つとなっています。

「KDDI IoTコネクト デバイス管理 (LTE-M)」では、万が一、ファームウェアに不具合が発生した場合でも、自動的にネットワークの混雑を避けた時間帯に配信を行うことで、LTE-Mにおいてもスムーズにファームウェアを更新 (注1) できます。なお、通信モジュールだけでなくお客さまIoT機器も、ファームウェア更新が可能です。

KDDIは、今後も、IoTを活用するお客さまのビジネスパートナーとして、IoT通信からデータ活用サービスまでのトータルソリューションを提供し、お客さまの本業に貢献していきます。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:セルラーLPWA向けIoTデバイス管理サービス「KDDI IoTコネクト デバイス管理」の提供について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。