メニューを開く
検索エリア

LPWAを活用した「児童の見守りサービス」の実証実験開始について

このページを印刷する
  • 中部電力株式会社
  • KDDI株式会社
  • 豊田市

2017年10月30日

中部電力株式会社 (本社: 名古屋市東区、代表取締役社長: 勝野 哲、以下「中部電力」)、KDDI株式会社 (本社: 千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下「KDDI」)、豊田市 (市長: 太田 稔彦) は、11月1日より、豊田市立中山小学校 (豊田市西中山町蔵屋敷61) の学区内において、新しいIoT向け通信技術であるLPWA (注1) を活用した、児童の見守りサービスの実証実験 (以下「本実証実験」) を開始することといたしましたのでお知らせします。

児童の見守りサービスは、「下校時間が遅くて心配」、「一人で習い事に通わせるのが心配」といった保護者のニーズにお応えすることを目的に、中部電力が主体となりサービス開発を進めており、児童が携帯する小型通信端末で測位した位置情報を、LPWAを活用してサーバーに送信することで、児童のご家族のスマートフォンやパソコンから児童の位置情報を確認いただけるサービスです。

中部電力は、本実証実験で、専用WEB画面の開発や実証運営を行います。

KDDIは、低消費電力、広い通信エリア、通信端末の低価格化を目指してIoTの活用へ積極的に取り組んでおり、本実証実験の開始にあたり、LPWA (LoRaWAN) の通信網を学区内に整備しています。

豊田市は、本実証実験を「豊田市つながる社会実証推進協議会」(注2) の活動に位置づけ、関係箇所との調整など実証支援を行います。

中部電力は、本実証実験を通じて、児童の見守りサービスを利用したお客さまの声を伺い、多くのお客さまにご利用いただける地域の安心・安全につながるサービスの早期提供を目指します。

【実証実験の概要】

実証期間 平成29年11月1日~平成29年11月30日
実証エリア 豊田市立中山小学校学区内
モニター 豊田市立中山小学校の児童約60名ならびにそのご家族
役割分担中部電力 専用WEB画面の開発
サービス提供主体として実証運営
KDDI 通信環境の整備
豊田市 実証エリアにおける関係箇所との調整など実証支援
  • 注1)
    LPWA
    Low Power Wide Areaの略。通信速度を低速に制限することにより、低消費電力、広い通信エリア、さらに通信端末の低価格化を実現する無線通信方式
  • 注2)
    豊田市つながる社会実証推進協議会
    企業、大学、行政、金融機関及び地域商工団体等が、地域課題の解決に資する技術の開発・実証・実装を目指す体制として豊田市が設置した組織で、中部電力およびKDDIも参画

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:LPWAを活用した「児童の見守りサービス」の実証実験開始について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。