メニューを開く
検索エリア

世界最速! KDDI、サムスン電子と5Gを利用した実験で時速190km超での移動中のハンドオーバーに成功

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2017年9月7日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI) は、サムスン電子 (本社: 大韓民国水原市、CEO: Oh-Hyun Kwon (權五鉉)) と次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を利用した実験で、世界最速 (注1) となる時速190km超での車両走行中におけるハンドオーバーに成功しましたのでお知らせします。

KDDIはこれまで、2017年2月に、東京都内の市街地や高速道路において、最高時速約60kmで走行する車両において、28GHz帯を用いたハンドオーバーに国内で初めて成功しました。(注2)

この度の実証実験は、2017年8月25日に、「Everland SPEED WAY」(韓国龍仁市) に構築した28GHz帯の実験システムを活用して、複数の基地局間を時速192kmでハンドオーバーすることに成功しました。また、世界最速 (注1) となる時速205kmで走行する車両において、5Gのデータ通信に成功しました。

KDDIは、今後もコネクティッドカーなどの高速移動環境下における5Gの活用を推進し、これまでにない新たなサービスの創出を目指していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。