メニューを開く
検索エリア

IoT利用向け、低消費電流の通信モジュール「SKM32」を提供開始

このページを印刷する

~LTEカテゴリー1対応と独自の低消費電流機能で、単三電池2本分で10年以上の電池もちを実現~

  • KDDI株式会社

2017年8月30日

KDDIは、2017年8月31日より、法人のお客さま向けに、3GPP標準規格のLTEカテゴリー1に対応した、IoT利用に最適な小型LTE通信モジュール「SKM32」(製造: セイコーソリューションズ株式会社) の提供を開始します。

<SKM32><モジュールブラケット01(左:単体、右:装着時)>

「SKM32」は、低速通信で低消費電流なLTEカテゴリー1の利用と、KDDI独自の低消費電流機能「RTCアラーム」により、単三電池2本分の電源で10年以上の駆動が可能 (注1) です。
「SKM32」は、従来の3G通信モジュール (注2) と同形状であり、また、「モジュールブラケット01」を組み合わせてご利用いただくと、別サイズの3G通信モジュール (注3) とも同形状になり、従来製品をご利用のお客さまにも、移行しやすい (注4) 製品です。
また、これまでのLTE通信モジュールではアンテナが2本必要でしたが、「SKM32」はアンテナ1本で利用可能なため、従来よりも組み込み機器の小型化が可能となるとともに、2本目のアンテナ購入が不要となります。

KDDIは、今後も、拡大が見込まれるIoT市場において、お客さまの幅広いニーズにお応えできるようサービス拡充に努めて参ります。

新規ウィンドウが開きますIoTソリューション

  • 注1)
    1週間ごとに1度、1KBのデータを送信した場合 (送信時以外「RTCアラーム」状態) に、4,000mAh電池 (単三電池2本分) を全消耗するまでの駆動時間。
  • 注2)
    3G通信モジュール「WM-M320」(製造: セイコーソリューションズ株式会社)
  • 注3)
    3G通信モジュール「WM-M300」(製造: セイコーソリューションズ株式会社)
  • 注4)
    移行利用には、別途システムプログラム・ソフトウェアの更新などが必要です。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:IoT利用向け、低消費電流の通信モジュール「SKM32」を提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。