メニューを開く
検索エリア

富士山における安心で快適な登山をサポートするIoTを活用した実証実験について

このページを印刷する

1. 実証実験の概要

御殿場口登下山道ならびに御殿場口のハイキングコースに、通過した人数をカウントできるIoTセンサーを合計で5か所設置します。IoTセンサーは定期的に通信を行い、通過した人数をウェブ上 (注1) で確認することができます。

ウェブ上での画面イメージ

2. システム概要図

KDDIの「LoRa PoCキット」(注2) を活用して、通過した人数をカウントします。

システム概要図

3. 主な検証内容

  • 正確な登下山者数の把握など実現可能性の検証
  • 「LoRaWAN (TM)」の通信品質確保が可能なエリアの検証
  • IoTセンサーによる電力消費量と電源耐久性

4. 期間

2017年8月10日~2017年9月まで

  • LoRaWAN (TM) は、Semtech Corporation. の登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。