メニューを開く
検索エリア

KDDI、スマホアプリとクルマをつなげるSDL業界化団体「スマートデバイス リンク コンソーシアム」に加盟

このページを印刷する

~MWC上海にて訪日外国人向け観光アプリのデモを展示~

  • KDDI株式会社

2017年6月28日

KDDI (本社: 東京都千代田区/代表取締役社長 田中 孝司、以下 KDDI) は、スマートフォンとクルマをつなぎ、スマートフォンアプリを車内で利用するためのオープンソース「スマートデバイスリンク (以下、SDL)」を管理する非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」に加盟しましたのでお知らせします。

「スマートデバイスリンク コンソーシアム」は、トヨタ自動車株式会社 (本社: 愛知県豊田市/代表取締役社長 豊田 章男、以下 トヨタ) など、世界各国の自動車メーカ、車載機器メーカ、オートモーティブ関連ソフトウェア各社が加盟している非営利団体です。SDLは、スマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースプラットフォームで、お客さまは車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリ操作することができるようになります。

「スマートデバイスリンク コンソーシアム」の加盟に伴い、KDDIは、本日6月28日より開催するMobile World Congress Shanghai 2017 (モバイルワールドコングレス上海2017) において、SDLのデモアプリを展示します。(注)

デモアプリでは、訪日外国人による観光シーンを想定し、事前にスマートフォンで調べた観光スポット情報、行き先ルートをレンタカーやタクシー内のディスプレイと自動リンクし最適化して表示します。

車載操作パネル等

KDDIは、クルマの「つながる化」を推進しており、車載通信機とクラウド間において、高品質で安定した通信をグローバルに確保するため、トヨタと共同でグローバル通信プラットフォームの構築を推進しています。

今後もKDDIは、新サービスの開発に向けた、実証実験や技術開発に積極的に取り組んでいきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。