メニューを開く
検索エリア

KDDIとセコム、「5G」のアップリンクで マルチユーザMIMOでの映像伝送に国内で初めて成功

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2017年5月24日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下 KDDI) は、セコム株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 中山 泰男、以下 セコム) と共同で実施していた、次世代移動システム「5G」(以下 5G) を利用したIoT時代における高度なセキュリティシステムの実証実験において、マルチユーザMIMO (注) による複数の5G端末から映像を伝送することに国内で初めて成功しました。

この実証実験では、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる5Gを活用して、KDDI新宿ビル周辺に構築した28GHz帯の実験システムを用いて、移動中の5G車両端末からの4K映像およびウェアラブルカメラからの監視映像を、同一の5G基地局を介してマルチユーザMIMOにより同時にアップリンク伝送できることを確認しました。

走行撮影実験車両 ウェアラブルカメラ実験 撮影映像の確認

今回の実証実験の様子は、2017年5月24日から26日に東京ビックサイトで開催されるワイヤレス・テクノロジー・パーク2017にてセコムと共同で出展いたします。

両社は今後もより安心安全な社会の実現に向けて、5Gの特長を活かした新たなサービスの創出を推進していきます。

  • 注)
    基地局の複数のアンテナを活用して、複数のユーザーが同時に高速・大容量なデータ送受信を行えるようにする技術。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。