メニューを開く
検索エリア

IoTデータを掛け合わせ、新たな価値を創出する「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」の提供開始

このページを印刷する

~IoTデータの売買・分析が可能な新たなビジネスマーケット~

  • KDDI株式会社

2017年5月17日

KDDIは、2017年6月中旬より、IoTによる様々なデータと多種多様なデータを掛け合わせて分析することで、新たな付加価値を提供する「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」(以下、本サービス) の提供を開始します。

本サービスは、法人のお客さまが自社で保有するIoT業務データと、提携パートナーが保有するデータ群を複数組み合わせて分析することで、お客さまの新たな課題やビジネスチャンスの発見、サービスの品質向上を実現するものです。
組み合わせるデータ群は、最新店舗情報、将来人口推計データ、車両・走行挙動データ、ストレス情報などの様々なデータを活用します。また、分析には、直感的操作で地図上にデータを視覚化するセルフ分析ツール「mapDISCOVERY (TM)」や、KDDIグループのSupership株式会社、株式会社ARISE analytics (アライズ アナリティクス) (注) による分析サービスを提供します。
なお、提供するデータ群や分析サービスは、今後、順次拡大していきます。

本サービスにより、例えば、新規店舗のオープンを検討している商業店舗は、立地検討や競合店舗との商圏比較のために、業務車両の車両・走行挙動データを活用することで、店舗前道路の交通量や速度が365日24時間の実データで把握可能となり、立地分析の精度が向上します。

KDDIは、今後も、IoTを活用するお客さまのビジネスパートナーとして、IoT通信からデータ活用サービスまでのトータルソリューションを提供し、お客さまの本業に貢献していきます。

新規ウィンドウが開きますKDDI IoTクラウド ~データマーケット~

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:IoTデータを掛け合わせ、新たな価値を創出する「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」の提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。