メニューを開く
検索エリア

総務省の技術試験事務における5G実証試験プロジェクトの推進について

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2017年5月16日

KDDIは、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる次世代移動通信システム「5G」(以下5G) の実現に向け、総務省の技術試験事務 (注) において、今後、さまざまな場所・環境での多岐にわたるユースケースを想定した実証試験プロジェクトを推進し、5G技術の有用性の検証を開始します。

総務省の主導により開始される5G総合実証試験に関する技術試験事務において、KDDIは、以下の2件について、5G実証試験を推進していきます。
なお、実証試験においては、株式会社KDDI総合研究所およびパートナーと共同で、各種ユースケースの実現のために5Gに求められる機能や性能および社会への受容性などの評価に取り組んでいきます。

[1]「都市又は郊外において1msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」の請負者として5G実証試験を実施する予定で、以下のパートナーが含まれます。

案件概要パートナー
ICT施工 建機に搭載する高精細カメラ映像を利用して建機をリアルタイム遠隔施工する技術の実証 大林組
NEC
空撮映像配信 ドローン空撮映像のリアルタイム配信技術の実証 東京大学

[2]「屋内において10Gbpsを超える超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」の請負者である株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) に協力して5G実証試験を実施する予定です。

案件概要パートナー
スタジアムエンターテインメント スタジアムにおける高精細映像の同時多重配信の実証 那覇市教育委員会
スマートステーション 鉄道駅構内における安心安全のための高精細映像の収集配信の実証 京浜急行電鉄
早稲田大学
パナソニック
スマートスクール 学校におけるICT活用としての大容量コンテンツ同時多数アクセスの実証 小金井市教育委員会
(前原小学校)

KDDIは、今後もさまざまなパートナーと共に、多くの分野での活用が期待される5Gの特徴を活かした新たなサービスの創出を推進していきます。

  • 注)
    電波を有効に利用できる実現性の高い技術について技術的検討を行い、その技術の早期導入を図ることを目的として、総務省が「技術試験事務」を実施しています。詳細は下記をご覧ください。
    新規ウィンドウが開きますhttp://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/fees/purpose/tectest/

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。