メニューを開く
検索エリア

KDDI、NHKと共同で次世代移動通信システム「5G」の実証実験を開始

このページを印刷する

~高速・大容量を活かし、放送分野における映像配信の高度化を推進~

  • KDDI株式会社

2017年5月11日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下 KDDI) は日本放送協会 (本部: 東京都渋谷区、会長: 上田 良一、以下 NHK) と共同で、2017年5月より、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を活用して映像配信の高度化を推進するための実証実験を開始します。

この度の実証実験では、5Gの特長である高速・大容量を活かし、移動中における高精細な8K映像の伝送を実施します。また、2018年以降には、実際のスタジアム等の環境にて、8K映像の中継や配信を想定した実証実験を計画しています。

将来的には、5Gを活用することで、8Kカメラによる世界の一流アスリートの熱戦の模様を手元の端末で視聴したり、複数の高精細カメラ映像を端末で自由に切り替えて視聴するなど、スポーツの感動と興奮をよりリアルに体感できる新たなスポーツ観戦スタイルの提供を目指します。

KDDIは今後も、さまざま分野への活用が期待される5Gの特長を放送分野でも活かして、2020年以降、大規模イベントやスポーツ中継の在り方など、これまでにない新たなサービスの創出を推進していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。