メニューを開く
検索エリア

KDDI・テラドローン「4G LTE運航管理システム」開発を完了

このページを印刷する

■「4G LTE運航管理システム」

本システムは4G LTEネットワークを活用することにより、Web上からの飛行制御命令に基づき、接続されたドローンの飛行状況を制御可能です。また、飛行時に取得した動画像のメディアデータはダイレクトにサーバーへ送信され、Web上で閲覧可能になります。各機体・オペレーター (飛行者) の情報管理や、それぞれの飛行に関するフライトログ情報も取得し、ドローン事業運用に必要な情報を包括的に提供します。
現状のドローンの飛行は、飛行現場にてオペレーターが操作する送信機からの電波によって、飛行制御を行いますが、本運航管理システムを利用することで、Webから直接ドローン本体と4G LTE通信を介して制御することが可能になります。(注)

「フライトプランの作成」

Web上からマップを呼び出し、任意の飛行ポイントを指定し、各点における高度・ポイント間の飛行形態 (直角での進行等) を設定可能です。また、ジオケージング (仮想上の檻) を設定することで、風雨・機体トラブル等の不測の事態に設定エリア外へ飛行したドローンは、自動的にエリア内/設定地点へ帰還を行います。

※画面仕様は変更される場合があります。

  • 注)
    現行規制等に鑑みて、飛行現場に人員が必要な場合・送信機によるマニュアル操作が必要な場合に備え、送信機に接続するアプリケーションも提供しています

「リアルタイム制御」

設計したフライトプランに基づいた制御命令を4G LTE回線を通して、ドローンに伝えます。また、飛行制御に留まらず、飛行時のリアルタイム映像も「ライブビューエリア」において確認が可能となります。緊急時の強制帰還などにも対応しております。

※画面仕様は変更される場合があります。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。