メニューを開く
検索エリア

「LoRaWAN (TM)」を活用した除雪車の位置情報管理による実証実験の開始について

このページを印刷する

~広範囲なエリアでの積雪箇所を管理できるIoTの実現により、新しい社会インフラの活用を推進~

  • KDDI株式会社
  • KDDI まとめてオフィス中部株式会社
  • 大日コンサルタント株式会社
  • 株式会社GISupply

2017年1月31日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) とKDDI まとめてオフィス中部株式会社 (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 大久保 浩之)、大日コンサルタント株式会社 (本社: 岐阜県岐阜市、代表取締役社長: 後藤 隆)、株式会社GISupply (本社: 北海道上川郡、代表取締役社長: 北岡 智) は、2017年2月上旬より、公益財団法人岐阜県建設研究センターの協力のもと、岐阜県下呂地域において除雪車の位置情報管理サービスの商用化に向けた実証実験を開始します。

この度の実証実験では、IoT向け通信技術Low Power Wide Area (以下 LPWA) ネットワークの一つである「LoRaWAN (TM)」に対応したGPS端末を除雪車に設置し、位置情報を管理します。
省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とする「LoRaWAN (TM)」を活用し、除雪車に設置したGPS端末の電力消費を抑えることで運用効率を高めながら、除雪管理者は、より広域なエリアの範囲において走行中の除雪車の現在位置や走行経路を地図上で把握し管理することができます。
これにより、積雪状況に応じた適切な除雪指示を行うことで除雪車の利用効率と除雪効果の向上を図り、新しい社会インフラとしての活用を推進します。

KDDIは、IoT時代におけるさまざまな活用シーンを想定して、LTEやLPWAを組み合わせた有機的なネットワークを構築し、各産業の高度化を強力にサポートしていきます。

  • LoRaWAN (TM) は、Semtech Corporation.の登録商標です。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「LoRaWAN (TM)」を活用した除雪車の位置情報管理による実証実験の開始について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。