メニューを開く
検索エリア

LPWAを活用した浸水監視サービスの実証実験の開始について

このページを印刷する

~防災情報をIoTで効率よく可視化~

  • KDDI株式会社

2017年1月17日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下 KDDI) は、株式会社明電舎 (本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 浜崎 祐司) とLow Power Wide Area (以下 LPWA) ネットワークに対応した、「LoRa PoCキット」(注) を活用して浸水監視による、的確な都市水害対策への有用性の検証を共同で実施します。

今回の実証実験では、国土交通省の技術支援のもと、2017年3月より神奈川県厚木市において、マンホールに設置したセンサーにより、下水道の内水氾濫による浸水監視を実施します。降雨レーダー情報と連携することで、ゲリラ豪雨などに対して的確な都市水害対策を支援します。
防災観点におけるLPWAネットワーク活用の検証を目的としており、明電舎およびKDDIの知見と技術を活用することで地域の浸水監視を強化します。防災情報の精緻化を行い、地域住民の皆様にゲリラ豪雨などの的確な情報を提供することで、安心安全の向上を目指します。

KDDIは、省電力かつ広域なエリアカバレッジを実現するIoT向け通信技術LPWAネットワークの一つである「LoRaWAN (TM)」に対応した、「LoRa PoC キット」(注) の一部を提供します。

KDDIは、IoT時代におけるさまざまな活用シーンを想定して、LTEネットワーク、LPWAを組み合わせた有機的なネットワークを構築し、各産業の高度化を強力にサポートしていきます。

浸水監視サービス実証実験の概要イメージ

  • LoRaWAN (TM) は、Semtech Corporation. の登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。