メニューを開く
検索エリア

国内初! 新しい道路を自動で地図に反映する「地図自動更新機能」を提供開始

このページを印刷する

~最短で道路開通の翌日から反映! 最新の地図データで走行時間の短縮が可能に~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社ナビタイムジャパン

2016年12月13日

KDDI株式会社 (代表取締役社長: 田中孝司、本社: 東京都千代田区、以下 KDDI)、株式会社ナビタイムジャパン (代表取締役社長: 大西啓介、本社: 東京都港区、以下 ナビタイムジャパン) は、2016年12月13日 (火) より、「au助手席ナビ」「auカーナビ」「カーナビタイム」などのカーナビアプリにて、国内初 (注1) となる、新しい道路を自動で地図に反映する「地図自動更新機能」を提供開始します。
最短で道路開通の翌日から、新しい道路を反映したルートの検索やナビゲーションが可能となり、お客さまはより最適なルートで走行時間の短縮や快適なドライブを実現することができます。

「地図自動更新機能」では、KDDIとナビタイムジャパンの提供するカーナビアプリのプローブ交通情報 (注2) を解析し、道路がなかった場所に一定数以上の走行実績ができた場合など、一定の条件を満たした場所に、新しい道路が開通したと推定して自動で道路地図データを生成し、地図に反映します。

新規開通道路の地図データの更新は年6回 (注3) の定期更新に加え、高速道路を中心に、独自で調査し手動で道路地図データの反映を行っていましたが、「地図自動更新機能」により、最短で道路開通の翌日から新しい道路が反映されるほか、新規開通数の多い「一般国道」・「主要地方道」・「都道府県道」・「市町村道」も自動で地図へ反映されます (注4)。

なお、「地図自動更新機能」が利用可能となるカーナビアプリは、モバイルデータ通信を活用し、サーバー上にある地図データと常時連携しているため (注5)、本人の走行実績だけでなく、他のお客さまの走行実績も活用して、地図データの反映を行うことが可能です。

【サービスイメージ】

  • 注1)
    スマートフォン向けカーナビアプリとして国内初。2016年12月12日時点。ナビタイムジャパン調べ。
  • 注2)
    プローブ交通情報とは、道路を走行する自動車から送信されるGPS測位データを収集・分析することで道路状況を推測し、生成する交通情報です。「au助手席ナビ」「auカーナビ」「NAVITIMEドライブサポーター」「カーナビタイム」「トラックカーナビ」ユーザーのうち、GPS測位データの送信に同意を得たお客さまからのデータを利用しています。
  • 注3)
    地図提供会社からの地図データを基に定期更新を年6回行っています。
  • 注4)
    私有地内の道路、走行実績の少なすぎる道路、低速でしか通行されない道路など、一部、道路データの作成・更新がされない道路があります。
  • 注5)
    「auカーナビ」「カーナビタイム」は端末内にも地図をダウンロードし、オフライン時にもルート検索等が可能ですが、端末内の地図データには、本機能は適用されません。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:国内初! 新しい道路を自動で地図に反映する「地図自動更新機能」を提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。