メニューを開く
検索エリア

KDDI クラウドプラットフォームサービスに「HCIオプション」を追加

このページを印刷する

~「データセンターコネクト」と連携し、企業の基幹システムのクラウド化を実現~

  • KDDI株式会社

2016年8月3日

KDDIは、2016年10月3日より、KDDI クラウドプラットフォームサービス (以下 KCPS) において、ソフトウエアで仮想環境のサーバ・ストレージを単一ハードウエアに統合する技術HCI (注1) を用いた「HCIオプション」の提供を開始し、2016年9月26日よりお申込受付を開始します (注2)。
また、2016年8月24日より、初期費用と月額料無料で、KCPSの仮想サーバとTELEHOUSEに設置したお客さま指定機器を接続できる新たなメニュー「データセンターコネクト」の提供を開始し、2016年8月3日よりお申込受付を開始します。

HCIは、基幹システムをクラウド化することが可能なパフォーマンス性能を有し、プライベートクラウド (注3) としてのご利用に最適です。
KDDIが提供する「HCIオプション」は、「データセンターコネクト」との連携により、システムのクラウド化に必要な設計を簡単に行えるだけでなく、高額なHCI機器を月額料で利用可能なため、導入時の初期投資を抑えることができます。

HCIの機器は、デル株式会社 (本社: 神奈川県川崎市、代表取締役社長: 平手 智行) のハードウエアを、KDDIのデータセンターである国内のTELEHOUSEに設置します。
デル株式会社の法人営業統括本部 兼 ゼネラルビジネス営業統括本部 兼 西日本営業統括本部長 諸原裕二は次のように述べています。「この度、KDDIのTELEHOUSEに当社のNutanixのソフトウエアを基盤としたHCIアプライアンス「Dell XCシリーズ」を設置し、月定額でお客さまがご利用いただけるようになったことで、プライベートクラウドの活用が可能となり、より快適なクラウド基盤の構築が実現できると確信しております。」

KDDIは、今後もクラウドをはじめとするサービスのさらなる品質向上とお客さまニーズへの対応を進め、お客さまのビジネスの成長に貢献していきます。

  • 注1)
    「Hyper-Converged Infrastructure」の略。
  • 注2)
    「データセンターコネクト」のお申し込みが必要です。
  • 注3)
    1つの企業が占有して利用するクラウド環境のこと。

新規ウィンドウが開きますデータセンターコネクト、HCIオプション

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:KDDI クラウドプラットフォームサービスに「HCIオプション」を追加


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。