メニューを開く
検索エリア

KDDIとエリクソン、Low Power Wide Area技術の共同検証を実施

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2016年6月29日

KDDIは、エリクソンと共同で省電力かつ広域なエリアカバレッジが必要なIoTデバイスに最適な通信規格「Cat-M1」および「NB-IoT」に対応するLow Power Wide Area技術 (以下、LPWA) の検証を実施しました。

LPWA技術の特長は、今後拡大が見込まれるIoT市場において、省電力かつ広域なエリアカバレッジに加えて、データ送受信時の負荷を抑えることでIoTデバイスに搭載するバッテリーの長時間駆動 (約10年) やモジュールの開発費を抑えることが期待される技術です。

今回の検証では、3GPPリリース13に基づくLPWA技術に対応したエリクソンのデモ装置を活用し、「Cat-M1」および「NB-IoT」の基本性能を検証し、IoT市場におけるさまざまなユースケースに適用できることを確認しました。

これにより、広範囲におよぶIoTアプリケーションの迅速かつ柔軟な展開に加えて、さまざまなユースケースを想定した最適なIoTサービスの開発が期待できます。

KDDIは、今後拡大が見込まれるIoT市場に向けて、LPWA技術の活用を積極的に検討していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。