メニューを開く
検索エリア

M2M/IoT機器に対応した「KDDI M2Mクラウドサービス」Standardプランの提供開始について

このページを印刷する

~2000種類以上のセンサーや監視カメラに対応するほか、柔軟な表示画面のカスタマイズが可能に! ~

  • KDDI株式会社

2016年4月25日

KDDIは、2016年4月25日より、これまで提供しているM2M/IoT機器に対応した「KDDI M2Mクラウドサービス」を拡充し、新たにStandardプランの提供を開始します。

用途に合せて選べる3つのパターン

「KDDI M2Mクラウドサービス」は、セキュアな環境下でセンサーからのデータ収集・蓄積、データのレポート表示といった、M2M/IoTをビジネスで活用する際に必要な機能をワンストップでご利用いただけるクラウドサービスです。

このたび、提供を開始する「KDDI M2Mクラウドサービス」Standardプランは、これまでの温度、湿度、位置情報などのデータ収集、管理ができるサービスに加え、エコモット株式会社と協業することで2000種類以上のセンサーや監視カメラに対応するほか、お客さまの業務に合わせて必要な情報の表示を柔軟に変更できる、表示画面のカスタマイズが特長です。

さらに、事前に設定済みの機器を送付し、すぐにお客さまにお使い頂ける4つのパッケージを各パートナー企業 (注1) より提供します。高画質なネットワークカメラを使用した「監視カメラパッケージ」、セキュリティに強いセンサーを使用した「セキュリティパッケージ」、事務所、倉庫、農場などのさまざまな場所でお使い頂ける「温湿度パッケージ」、車両の運行管理などが可能な「位置情報パッケージ」を提供 (注2) します。パッケージ商品は今後も拡充予定です。

なお、現在提供中の「KDDI M2Mクラウドサービス」は、Entryプランとして引き続き提供します。

KDDIは、今後も、お客さまがM2Mを活用して社会に新しい価値を創造できるよう、幅広いお客さまにM2Mサービスをご利用しやすい環境を提供していきます。

  • 注1)
    「監視カメラパッケージ」、「セキュリティパッケージ」、「温湿度パッケージ」は、エコモット株式会社が提供します。「位置情報パッケージ」は、株式会社TDモバイルが提供します。
  • 注2)
    「温湿度パッケージ」は2016年5月下旬以降、「位置情報パッケージ」は2016年9月下旬以降にそれぞれ提供開始予定です。

新規ウィンドウが開きます「KDDI M2Mクラウドサービス」Standardプラン

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:M2M/IoT機器に対応した「KDDI M2Mクラウドサービス」Standardプランの提供開始について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。