メニューを開く
検索エリア

抱きしめるだけで、想いが伝わるぬいぐるみ「Comi Kuma (コミクマ)」を開発

このページを印刷する
  • 1.
    「Comi Kuma」概要

    「Comi Kuma」は、キーボードやボタンを必要とせず、ぬいぐるみを動かすだけでスタンプのやりとりができる新たなIoTコミュニケーションツールです。ぬいぐるみには通信モジュール (注) と12個のセンサが内蔵されており、全11種類のスタンプからぬいぐるみの動きに合ったスタンプが送信され、受信したスタンプは胸のリボン部分のディスプレイに表示されます。これにより、スマートフォンを使い慣れていないお年寄りやお子さまでも、ぬいぐるみを使って簡単にスタンプを送りあうことができ、さらに文字ではなく直感的に感情が伝わるスタンプによって、世代・地域を超えたコミュニケーションを促進します。

    • 注)
      スマートフォンと連携するためのBluetooth通信

    動作とスタンプ例 おはよう(朝) チュッ 大好き

  • 2.
    「Comi Kuma」を実現する技術

    「タッチセンサ (感圧検知)」「キスセンサ (二酸化炭素検知)」など12個のセンサが「Comi Kuma」の動きを感知します。頭をなでる、キスをする、手を握る、抱きしめる、手足を動かす、くすぐるなどの動作を判別し、その動きに合わせたスタンプを相手に送信することができます。

    センサの場所

    センサの種類

<参考>「Comi Kuma」の動きとスタンプ一覧

頭をなでる
  • タッチセンサ
手が頭部に触れた時の静電容量を検出して、叩かれたと判定。

おはよう (朝)

こんにちは (昼)

こんばんは (夜)

腕をあげる
  • 傾きセンサ [1]
腕が旋回した際の傾きを検知。腕が任意の角度に達すると反応。

おーい

手を握る
  • プッシュセンサ
綿の密度を検知。握ることで綿が圧縮され、一定以上の密度になると判定。

なかよし

抱きしめる
  • ぎゅ~っとセンサ
綿の密度を検知。抱きしめるとお腹の綿が圧縮され、一定以上の密度になると判定。

大好き

うつ伏せにする
  • 傾きセンサ [2]
本体の中央に設置し、ぬいぐるみの姿勢を検出。起きている、うつ伏せ、仰向けを判定。

つかれた

仰向けにする
  • 傾きセンサ [2]
本体の中央に設置し、ぬいぐるみの姿勢を検出。起きている、うつ伏せ、仰向けを判定。

おやすみ

仰向けにする
+
足裏を触る
  • 傾きセンサ [2]
本体の中央に設置し、ぬいぐるみの姿勢を検出。起きている、うつ伏せ、仰向けを判定。
  • くすぐりセンサ
手が足の裏に触れた時の静電容量を検出して、くすぐられたと判定。

こちょこちょ

仰向けにする
+
足裏を上下に動かす
  • 傾きセンサ [2]
本体の中央に設置し、ぬいぐるみの姿勢を検出。起きている、うつ伏せ、仰向けを判定。
  • 傾きセンサ [3]
足が旋回した際の傾きを検知。足が任意の角度に達すると反応。

たのしい

キスをする
  • キスセンサ
呼気の二酸化炭素濃度を検出して、ある一定以上の濃度に変化したらキスと判定。

チュッ

  • 「au未来研究所」について

    「au未来研究所」は、コミュニケーションの未来を創造することを目的に、"スマホの次"を発明するオープンラボラトリーです。
    2014年度は、WEBサイトにて一般の皆さまを研究員として募集しました。各界の識者である特別研究員とともに、ハッカソンやオンラインディスカッションを定期的に開催し、「衣」「食」「住」の3つのテーマでそれぞれ5つ、合計15種類のプロトタイプを開発し、その中から株式会社ニューバランス ジャパン (代表取締役社長: 冨田智夫、本社: 東京都千代田区) の協力を得て、第1弾コンセプトモデルとして「FUMM (フーム)」を開発しました。

    新規ウィンドウが開きますFUMMについて

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。