メニューを開く
検索エリア

日本全国の「プリンスホテル」で快適で安心なWi-Fi環境を提供

このページを印刷する

~国内初となる次世代技術も活用し、国内外の観光客へのサービス品質向上へ~

  • KDDI株式会社

2016年2月12日

KDDIは、株式会社プリンスホテル (本社: 東京都豊島区、代表取締役社長: 赤坂 茂好) が運営する日本全国の「プリンスホテル」で快適で安心なWi-Fi環境を提供します (注1)。

プリンスホテルでは、客室やロビー、宴会場をご利用のお客さまに、安全かつ高速なWi-Fi環境を提供します。また、プリンスホテルや関連施設間のWi-Fiを1度の認証で継続して利用できる「Wi-Fiローミング」によりお客さまの利便性を向上させるほか、「多言語ヘルプデスク」の設置によるお客さまサポートを実現し、訪日外国人のお客さまにも安心してご利用いただける環境を整備します。

<特長>

■ セキュアなWi-Fi環境の実現

  • Wi-Fi利用時のセキュリティ対策は、KDDIのデータセンター「TELEHOUSE」に設置された認証機器で一元的に管理するほか、無線システムの暗号化、客室間およびご利用端末間のアクセス制限を実施し、安心・安全なサービスを提供します。
  • Wi-Fi環境を提供するための設備は、金融機関などでも採用されている高品質でセキュアなネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」を採用し、強固なファイアウォールで守られた高速インターネット接続環境を実現します (注2)。

■ 快適なインターネット速度の実現

  • Wi-Fi環境に用いるネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」では、帯域保証型のサービスを採用 (注3) しているため、高速なインターネット通信を快適にご利用頂けます。
  • 2015年12月には、ホテル業界のお客さま向けとしては国内初 (注4) となる次世代光ファイバー通信技術「G-PON (Gigabit Passive Optical Network) (注5)」を活用したWi-Fi環境を「軽井沢プリンスホテル」のイーストコテージエリアに提供開始しています。屋外で広大なコテージエリアにおいて「G-PON」の長距離かつ高速な光通信技術の特長を活かし、屋外設置の光中継器を含め電力・空調・設置スペース等を省力化させつつ、より高速・高品質なWi-Fi環境を提供しています。

■ 国内外のお客さまへの利便性の向上

  • 「TELEHOUSE」に設置された認証機器を活用し、お客さまのご宿泊期間中は、1度の認証で継続してWi-Fiを利用できるよう、滞在中のホテル館内に加えて、他のプリンスホテルや関連施設との「Wi-Fiローミング」を実現しています。
  • 一部のプリンスホテルでは、チェックインと同時にテレビ画面上にパスワードが表示される仕組みも導入され、パスワード表示チケットの紛失対策と利便性向上を実現しています。
  • Wi-Fi利用時の操作や不具合発生時の問い合わせなどを言語の壁なくいつでもサポートできるように、訪日外国人のお客さま向けには、一部ホテルを除き4カ国語 (注6) に対応した「多言語ヘルプデスク」を24時間365日常設しています。

ž

なお、次世代光ファイバー通信技術「G-PON (Gigabit Passive Optical Network)」含むKDDIのホテル向けソリューションは、2月16日 (火)~19日 (金) に東京ビッグサイトで開催される「HCJ2015 国際ホテル・レストラン・フードショー」にて展示します。

今後も、KDDIは都心部やリゾート地のホテル、商業施設をはじめ、高層ビルや大型工場、大学病院など、快適なWi-Fi環境が求められるお客さまに本ソリューションを導入し、国内外のお客さまへ快適な通信環境を安価に提供してまいります。

  • 注1)
    2015年12月末現在、北海道から宮崎のプリンスホテル26事業所 (客室) に設置済み。
  • 注2)
    Wi-Fiアクセスポイントや認証機器にはアルバネットワークス株式会社 (現: 日本ヒューレット・パッカード株式会社) の機器と株式会社ナビックの認証技術を活用しています。
  • 注3)
    函館大沼プリンスホテル、新富良野プリンスホテル、芦ノ湖畔 蛸川温泉 龍宮殿、志賀高原プリンスホテルを除く
  • 注4)
    2016年2月1日時点。KDDI調べ
  • 注5)
    「G-PON」は、1本の光ファイバー回線を複数の利用者で共有する伝送技術の1つです。従来の技術に比べ、高速通信 (上り最大1.25Gbps 下り最大2.5Gbps) が可能なため、インターネット動画やゲームコンテンツの利用、4K/8Kの超高精細の映像伝送も可能となるほか、伝送効率が高く、スイッチやレピーターなどの設備が不要であるため、導入コストおよびランニングコストの削減が可能です。今回導入した「G-PON」は、ノキアの機器を利用しています。
  • 注6)
    日本語・英語・中国語・韓国語に対応しています。品川プリンスホテル、グランドプリンスホテル広島は、日本語、英語に対応しています。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。