メニューを開く
検索エリア

船上基地局実用化に向けた海上保安庁との訓練実施

このページを印刷する

~新たに人力で運搬可能な重さ約10KgのLTE対応小型無線装置を開発! ~

  • KDDI株式会社

2015年11月5日

KDDIは、2015年11月5日より第十管区海上保安本部 (鹿児島県) の協力のもと、海上保安庁の船舶に携帯電話基地局のLTE対応の無線装置、携帯電話のアンテナ、衛星アンテナを設置し、運用訓練を実施します。
また、今回搭載する無線装置は、実際の災害時の運用を想定し、緊急時でも人力で運搬が可能な重さ約10Kgの小型無線装置で、実際に人力による搬入訓練も行います。
これまで、船上への設置にはクレーン等の重機を要していましたが、無線装置の小型化により作業員による運搬が可能なため、設置に掛る作業時間を大幅に短縮が可能となります。

今回の運用訓練では、船上基地局設営に掛る時間、アンテナの耐久性などを訓練によって測定し、より実用に近い形での運用を行います。また今回より新たにLTEによる音声およびデータ通信の試験を行います。

船上基地局は、2012年6月「災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた調査検討会」(主催: 総務省中国総合通信局) において検討を開始し、海上保安庁の協力の下、これまで様々な実地試験を行ってきました。
今回の訓練を通じて、携帯電話基地局の船上開設の早期実用化を推進していきます。

新たに開発した小型無線装置 船上への運搬訓練の様子

<参考>

■これまでの取り組み (経緯)

  • 2012年6月:
    「災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた調査検討会」に参加。(主催: 総務省中国総合通信局)
  • 2012年11月:
    広島県呉市における「携帯電話基地局の船上開設に向けた実証試験」を実施。
  • 2013年3月:
    実証実験の結果を踏まえ、「災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた調査検討会」において、調査検討のまとめを公表。
  • 2014年5月:
    鹿児島県肝属郡南大隅町にて携帯電話基地局の船上開設に関する実証実験を実施。(外洋における実証実験は国内初。)

■船舶型携帯電話基地局の仕組み (イメージ図)

巡視船さつまに設置した船上基地局 2014年5月撮影


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。