メニューを開く
検索エリア

「KDDI Open Innovation Fund」 ファミリー向け知能ロボット"Jibo"を開発するJibo, Inc.への出資について

このページを印刷する

No.2015-107

  • KDDI株式会社

2015年8月6日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) は、グローバル・ブレイン株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 百合本 安彦) が運営するコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて、ファミリー向け知能ロボット"Jibo"を開発する米国拠点の企業Jibo, Inc.に対し出資を行いました。

Jibo (ジーボ) は人間とのコミュニケーションを焦点とし、抽象的な型でありながら豊かな動作表現力を持つ、ファミリー向けの知能ロボットです。マサチューセッツ工科大学メディアラボにて、パーソナルロボット研究グループを率いるシンシア・ブリジール准教授が創業者として開発しており、ロボティクス市場における有望なスタートアップ企業であると判断し、資本提携を行いました。

国内ロボットビジネス市場は、2020年にはサービス用ロボット市場が産業用ロボット市場を逆転し、2035年には約10兆円に達する見通しです。(注1) KDDIは本出資を通じ、同社が日本に進出する際に、ビジネス開発、マーケティング、ローカライズなどの幅広い支援を行う予定です。また、Jiboを中心とした、家族とモノの新しいコミュニケーションが生まれる世界をお客さまへご提案する予定です。

KDDIは、今後も有望なスタートアップ企業への出資を通じて、来るべきIoT (注2) 時代を見据えた新たな価値をお客さまに提供していきます。

  • 注1)
    『平成22年度ロボット産業将来市場調査 (経産省・NEDO)』より
  • 注2)
    IoT: Internet of Thingsの略。コンピュータなどの情報・通信機器だけではなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「KDDI Open Innovation Fund」 ファミリー向け知能ロボット"Jibo"を開発するJibo, Inc.への出資について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。