メニューを開く
検索エリア

国内初! LTEに対応したIPトランシーバーおよびIP無線機を提供開始

このページを印刷する

~「4G LTE」を活用し、広いエリアで高音質な通話を実現~

  • KDDI株式会社

2015年7月7日

KDDIは、国内初 (注1) となるLTEに対応したIPトランシーバー「IP500H」とIP無線機「IP-T10」を、アイコム株式会社 (本社: 大阪府大阪市、代表取締役社長: 福井 勉、以下アイコム)、インフォメーションタスクフォース株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 竹内 久雄、以下iforce) を通じて、2015年9月より、法人のお客さま向けに提供開始 (注2) します。

「IP500H」、「IP-T10」は、多人数への一斉連絡といった従来の無線機の持つ特長を活かしつつ、人口カバー率99%超 (プラチナバンド 800MHz) (注3) の「4G LTE」に対応することで、より広いエリアで高音質な通話を実現できます。「IP500H」は従来の無線機と異なり、電話のように同時に会話をしたり、優先順位の高い情報を割り込んで伝えることが可能です。また、「IP500H」と「IP-T10」は、スマートフォンアプリやIPビジネスホンなど、様々な機器と通話いただくこともできます。
LTE回線に加え、KDDIのクラウド基盤サービスと、インターネットを経由しない閉域ネットワークを利用しているため、より安全で秘匿性の高い通話を実現します。

なお、利用者による無線局免許申請や取得は不要で誰でもご利用いただけるため、警備、運送、イベント会場などで幅広い用途で手軽に活用いただくことができます。

KDDIは、アイコム、iforceとともに、ICTを活用し、法人のお客さまの業務品質向上や業務効率化をサポートしてまいります。

  • 注1)
    LTEに対応したIPトランシーバー、IP無線機として国内初。2015年7月7日時点 (KDDI調べ)。
  • 注2)
    アイコムはIPトランシーバー「IP500H」を、iforceはIP無線機「IP-T10」を、それぞれ提供します。
  • 注3)
    「人口カバー率」は国勢調査に用いられる約500m区画において50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算定。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:国内初! LTEに対応したIPトランシーバーおよびIP無線機を提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。