メニューを開く
検索エリア

仙台市で初となる公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」のサービス開始について

このページを印刷する

~訪日外国人観光客も無料で利用可能~

No.2015-035

  • KDDI株式会社
  • 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

2015年3月2日

KDDI株式会社と株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス (本社: 東京都中央区、代表取締役社長:大塚浩司、以下Wi2) は、2015年3月5日より、仙台市として初となる無料の公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」の提供を開始します。

本サービスでは、国内外から多くの観光客が訪れる仙台城跡の伊達政宗騎馬像周辺に、無料の通信環境を整備します。これにより、ネットを使った情報収集やスマートフォンやタブレット等で撮影した写真や動画を交流サイト (SNS等) で共有するなど国内の観光客はもとより外国人観光客の方にも快適なインターネット通信をご利用いただくことができます。

KDDIグループでは、東北地域への社員ボランティア活動や復興支援組織による被災地支援を継続して実施し、IT環境のさらなる拡充および地域貢献に取り組んでいくほか、今後Wi-Fiインフラと訪日外国人向けの無料Wi-Fi接続アプリ 『TRAVEL JAPAN Wi-Fi』 から得られる訪日外国人の統計的な行動分析情報を提供することにより、仙台市のインバウンド振興にも貢献して参ります。

仙台市コメント

仙台市では、2015年3月14日~3月18日に「第3回国連防災世界会議」が開催されます。この会議は、今後の世界の防災戦略を策定する大変重要な会議です。被災地の復興の状況や様々な防災への取り組みなどを間近に見て、感じていただくことは、今後の各国の開発や防災の取り組みに大いに参考になるものと考えます。今回提供する「SENDAI free Wi-Fi」は、仙台市の魅力を国内外へPRするために必要なITインフラと考えており、「第3回国連防災世界会議」で訪日される外国の方にも広くご利用いただけるものと期待しています。
新規ウィンドウが開きます第3回国連防災世界会議

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:仙台市で初となる公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」のサービス開始について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。