メニューを開く
検索エリア

自分だけのオリジナルスマホケースが作成できる!「3D PRINT LAB.」の提供開始について

このページを印刷する

~国内初 (注1)! WEB上で3Dデータ作成から3Dプリントまで一貫して提供~

No.2015-016

  • KDDI株式会社
  • 沖縄セルラー電話株式会社

2015年1月26日

KDDI、沖縄セルラーは2015年1月27日より、3Dプリンターを活用してオリジナルのスマホケースの製作・購入ができるサービス「3D PRINT LAB.」の提供を開始します。

「3D PRINT LAB.」は、WEBページ上でお客さま自身がデザインしたスマホケースを、高性能3Dプリンターで造形し、ご指定の住所へお届けします。ケースの作成は、お好きなケースのベースデザインやカラー、立体スタンプを選んで配置するだけの、最短約3分の簡単操作で行うことができ、3Dモデリングの専門的な知識がなくても、オリジナルのケース作りを楽しむことができます。

高性能 (注2) 3Dプリンターの技術を用いることにより、これまでに無い複雑な造形や自由な発想でのデザインが可能となり、他には無い自分だけのオリジナルケースが製作できます。ご自身のケースとして使うことはもちろんのこと、大切な人へのプレゼントとしても利用できます。

なお、「3D PRINT LAB.」のスマホケースの造形は、株式会社DMM.com (本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 松栄 立也) の「DMM.make 3Dプリントサービス連携・API」を利用しているほか、ベースとなるスマホケースのデザインは、プロダクトデザイナー・鈴木 啓太氏 (株式会社PRODUCT DESIGN CENTER代表) が手掛けます。また、WEB上で簡単に3Dデータ作成・デザインができる機能は、チームラボ株式会社 (本社: 東京都文京区、代表取締役: 猪子 寿之) が開発したオリジナルの3Dモデリングエンジン (注3) によって実現しています。

個人向け3D出力サービス市場は2020年までに約1.1兆円規模になるとも予測されている (注4) 新しい市場です。KDDIは、「3D PRINT LAB.」を通じて、お客さまにモノづくりの喜びや楽しさをご提案していきます。

  • 注1)
    当社調べ。
  • 注2)
    株式会社DMM.comが保有する高性能3Dプリンター。本サービスでは一般的な個人ユースの「熱溶解積層造形式」ではなく、プロユースの「粉末焼結積層造形式」の3Dプリンタ―を利用しています。
  • 注3)
    3Dプリンタ―での造形に必要な、3Dデータの作成をおこなう仕組み。
  • 注4)
    出典: 経済産業省「新ものづくり研究会」報告書 (2014年2月)

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:自分だけのオリジナルスマホケースが作成できる!「3D PRINT LAB.」の提供開始について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。