メニューを開く
検索エリア

「au国際電話サービス」および公衆電話からの国際電話サービスの料金改定について

このページを印刷する

1.「au国際電話サービス」の料金改定

  • (1)
    内容
    課金単位を現在の60秒ごとから30秒ごととし、無駄なく国際電話が利用できるように変更するとともに、国ごとに細かく分かれている通話料金を5区分に集約し、お客さまに分かりやすい料金体系とします。
  • (2)
    新料金
    発信先料金 (免税)
    北米、オセアニア (オーストラリア、グアムなど) 20円/30秒
    東アジア (中国、韓国、台湾、香港など) 55円/30秒
    ヨーロッパ、東南アジア (フィリピン、タイ、ベトナムなど)、オセアニアの一部 65円/30秒
    アフリカ 85円/30秒
    中南米 95円/30秒
  • (3)
    ご利用方法
    (au携帯電話から)
    010-国番号-相手先番号
    • 010のかわりに001-010、または005345をダイヤルしてもご利用いただけます。
    • 「au国際電話サービス」は、毎月のご利用限度額を30,000円 (免税) に初期設定しています。ご利用額がご利用限度額を超過した場合、同月末日までご利用を停止させていただきます。なお、ご利用限度額の変更を希望されるお客さまは、KDDIお客様センターへお問い合わせください。
    • ご利用を希望されない場合は、お申し込みにより「au国際電話サービス」による接続を停止することもできます。
  • (4)
    改定日
    2015年3月1日

2. 公衆電話からの国際電話サービスの料金改定

  • (1)
    内容
    公衆電話からかける国際電話について、国ごとに細かく分かれている通話料金を3区分とし簡素化します。
  • (2)
    新料金
    (曜日・時間帯区分なし一律料金)
    発信先料金 (免税)
    北米、オセアニア (オーストラリア、グアムなど) 40秒/100円
    アジア、ヨーロッパ 28秒/100円
    アフリカ、中南米、オセアニアの一部 16秒/100円
  • (3)
    ご利用方法
    (公衆電話から)
    001-010-国番号-相手先番号
    • 国際電話料金は100円単位で計算されます。
    • ご利用の場合は、100円硬貨または10度数以上の磁気テレホンカードをご使用ください。
    • 海外相手先電話番号が0で始まる場合、最初の0は省きます (一部例外もあります)。
    • 海外側設備の状況によっては、ご利用いただけない場合もあります。
    • 公衆電話の種類によっては、ご利用いただけない場合もあります。
  • (4)
    改定日
    2015年3月1日

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。