メニューを開く
検索エリア

世界初! 通信性能を2倍に高めたLTE-Advanced向け小型アンテナの開発に成功

このページを印刷する

~都市部における次世代通信網構築での活用を目指す~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社KDDI研究所

2014年11月13日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) および株式会社KDDI研究所 (本社: 埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長: 中島 康之、以下KDDI研) は、従来より通信性能を2倍に高めたLTE-Advanced基地局向け小型アンテナの開発に成功しました (注1)。
従来のアンテナと同等サイズで従来比2倍の通信速度を実現可能な4MIMO (注2) 方式アンテナの開発は、世界初 (注3) となります。

本アンテナは、基地局の設置条件が厳しい都市部において、従来と同等のスペースを活用して通信の高速化を実現するために開発したものです。4つの信号を同時に送受信できる4MIMO方式に対応し、今後本格普及が見込まれるLTE-Advancedおよび3.5GHz帯を活用した第4世代移動通信システム等での活用が期待できます。これにより、景観を損ねることなく、通信需要の増加に応える次世代通信網の構築が可能となります。

KDDIおよびKDDI研は、本アンテナの効果を検証するため、東京都千代田区、大阪府大阪市、宮崎県日南市でのフィールド実験を実施し、従来の2MIMO方式アンテナ2本分相当の通信性能を確認しました。

両社は、今後、本アンテナの実用化検討を進めるとともに、快適な通信環境の整備に向けて最新技術の研究・開発に取り組んでいきます。

  • 注1)
    アンテナの開発は、KDDI研および日本電業工作株式会社が共同で実施しています。
  • 注2)
    MIMO: Multiple-Input and Multiple-Outputの略。送信側と受信側の双方で複数のアンテナを組み合わせ、通信性能を向上させる無線通信技術のこと。
  • 注3)
    2014年11月12日時点。KDDI研調べ。

<参考>小型アンテナの内部構造


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。