メニューを開く
検索エリア

東京・大阪に国内最大級の電力供給能力を備えたグローバルデータセンター「TELEHOUSE」を新設

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2014年8月26日

KDDIは、総額280億円を投資し、大阪府大阪市と東京都多摩市にそれぞれ、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「TELEHOUSE OSAKA 2」(2015年8月下旬サービス開始予定) および「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」(2016年2月サービス開始予定) を新設します。

「TELEHOUSE OSAKA 2」および「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」は、電力使用量の大きい高性能サーバを多用する大規模なWEBコンテンツやクラウドの提供ニーズに応えるため、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンターです。「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」の1ラックあたりの供給電力は、従来のデータセンターと比べて約5倍 (注1) となる国内最大 (注2) の42kVA (定格) を実現します。ラックの収容効率が大幅にアップすることで、国内でICTを戦略的に活用されるお客さまや海外のクラウド事業者等のお客さまの経済的な事業推進をサポートします。
さらに、東京・大阪のデータセンターを併用いただくことで、有事の際のBCPおよびDR (注3) の対策として機能するため、安心・安全な事業継続に貢献します。

TELEHOUSEは、欧米を中心に25年に亘る豊富な提供実績を有し、インターネットトラフィックが多く集まるデータセンターのトップブランドとして認知されています。日本国内でも、そのノウハウを活かしてTELEHOUSEグローバルスタンダードに準拠したデータセンターを展開し、国内のお客さまに加え、海外のお客さまにもアジアの事業展開のハブとして活用いただいています。
TELEHOUSEは、東京・大阪の新設により、全世界で13地域、24都市、46拠点 (国内は20拠点) となり、総床面積は約371,000平米となります。

KDDIは、今後も、急増するクラウドやインターネットのニーズに対応するため、データセンター「TELEHOUSE」やグローバルネットワークの拡充・強化を図り、高品質かつ信頼性の高いサービスの提供により、お客さまのビジネスをサポートしていきます。

「TELEHOUSE OSAKA 2」外観イメージ

「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」外観イメージ

  • 注1)
    当社が提供する国内データセンターとの比較。
  • 注2)
    2014年8月26日時点。開示情報に基づくKDDI調べ。ラックあたりの供給電力とは1ラックで利用可能な電力のこと。
  • 注3)
    DR: Disaster Recovery。災害等によるシステム障害に備えた予防措置および復旧措置。

TELEHOUSE

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:東京・大阪に国内最大級の電力供給能力を備えたグローバルデータセンター「TELEHOUSE」を新設


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。