メニューを開く
検索エリア

被災地復興に向け、東北の中高生を対象としたIT教育支援プログラムを実施

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • ライフイズテック株式会社

2014年8月11日

KDDIおよびライフイズテック株式会社 (本社: 東京都目黒区、代表取締役: 水野 雄介、以下Life is Tech!) は、2014年8月18日より、東北の中高生を対象としたIT教育支援プログラム「東北イノベーターズ プログラム」を実施します。

「東北イノベーターズ プログラム」は、被災地の復興に向けて、東北の未来を担う人材の育成を目指すIT教育支援プログラムです。
宮城県東松島市、気仙沼市等の自治体の協力のもと、同市の中高生が参加し、スマートフォンアプリやWEBサービスの開発を基礎から学びながら、自らが考える地域の課題解決をテーマとして実際にアプリ等の制作までを体験します。本プログラムを通じ、中高生のITへの知識・関心の醸成を図ることで、社会的な自立支援および被災地復興に寄与する新しい産業の創出を目指します。

KDDIは、2012年7月に被災地の復興支援を強化するため「復興支援室」を立ち上げ、当社が持つICT利活用の経験・ノウハウを活かしながら、自治体等と協力して復興への街づくり活動を進めています。この度、復興支援の新たな形として、KDDIのインキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」の第4期卒業生であるLife is Tech! と協力し、将来の東北を担う学生を対象としたIT教育支援を行うことで、東北の活性化に貢献します。

KDDIおよびLife is Tech! は、今後もITを活用して、東北の復興に向けた支援を継続していきます。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:被災地復興に向け、東北の中高生を対象としたIT教育支援プログラムを実施


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。