メニューを開く
検索エリア

よりセキュアなクラウド利用を実現する「KDDI Business ID」を提供開始

このページを印刷する

~複数のクラウドサービスを安全・簡単に利用可能~

  • KDDI株式会社

2014年7月29日

KDDIは、2014年8月末より、法人のお客さま向けに、パソコンやスマートデバイスから、「Google Apps for Business (TM)」や「Office 365 with KDDI」(注1) をはじめとするクラウドサービスに1つのIDで安全・簡単にログイン可能なIDaaS (注2)「KDDI Business ID」の提供を開始します。本サービスは、KDDI まとめてオフィスグループでも取り扱います。

本サービスは、国内通信事業者が提供するIDaaSとしては初めて、携帯電話への着信とコード入力によってセキュアな認証をする着信認証を採用したサービスです。これにより、クラウドサービスログイン時の多段階認証を、スマートフォンだけでなくフィーチャーフォンからもご利用いただけます。
モバイル端末を利用した着信認証やワンタイムパスワード認証を利用することで、一般的なID・パスワードのみの認証に比べて、より安心・安全な認証を実現します。また、IDごとに利用デバイスやアクセス場所を制限することが可能です。

本サービス導入より、パスワードの使いまわしや、ID・パスワードの流出によるお客さまの情報漏えいリスクを低減し、複数クラウドサービスの一元的な利用を実現します。

KDDIは、今後も、クラウドサービスを便利に、安心してご利用いただけるようサービスを拡充し、デバイス、ネットワーク、クラウドサービスによる多様なワークスタイルをサポートします。

新規ウィンドウが開きますKDDI Business ID

  • 注1)
    「Office 365 with KDDI」には、2014年秋に対応予定です。また、他サービスの対応についても順次拡大予定です。
  • 注2)
    Identity as a Serviceの略で、ID・認証管理をサービスとして利用可能な提供形態のこと。
  • Google, Google Apps, Google Apps for Business は、Google Inc.の登録商標または商標です。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:よりセキュアなクラウド利用を実現する「KDDI Business ID」を提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。