メニューを開く
検索エリア

「KDDI ∞ Labo」パートナー連合プログラムの開始と「KDDI Open Innovation Fund」2号ファンドの設立について

このページを印刷する

1. パートナー連合プログラムについて

  • (1)
    概要
    「パートナー連合プログラム」とは、「KDDI ∞ Labo」にて従来行ってきたサービス開発、経営サポート等の支援に加え、「KDDI ∞ Labo」の主旨に賛同する、多種多様な企業13社の持つアセットやノウハウを結集し、プログラムに参加するスタートアップ企業の支援範囲を大幅に拡大するとともに、スタートアップ企業と賛同企業とが一体となり新しいサービスの創出を目指す構想です。
    賛同企業13社のうち、5社がメンタリング企業、8社がサポート企業となります。メンタリング企業はKDDIと共にプログラムチームのメンターとなりスタートアップ企業に対し強力なバックアップを、サポート企業は毎週定期的に開催されるイベントやミーティング等を通して全チームを幅広くサポートします。
  • (2)
    賛同企業 ※50音順

    メンタリング企業サポート例
    コクヨ株式会社 働く・学ぶ人の知的活動にまつわるものづくり・空間づくりのノウハウ提供
    株式会社セブン&アイ・ホールディングス コンビニから百貨店まで様々な流通チャネルとの連携のサポート
    株式会社テレビ朝日 放送、および関連事業で培ったノウハウを活用した支援
    プラス株式会社 全国に広がる営業・物流ネットワークで官公庁・中小企業・学校・介護施設へリーチ、事業開発・展開をサポート
    三井物産株式会社 多様な産業に跨る新規事業開発のノウハウの提供

     

    サポート企業

    近畿日本ツーリスト株式会社、株式会社ソフトフロント、大日本印刷株式会社、東京急行電鉄株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社パルコ、株式会社バンダイナムコゲームス、三井不動産株式会社

     

    <プログラム概念イメージ図>

     

    <プログラム支援体制イメージ図>

2. 「KDDI Open Innovation Fund」2号ファンドについて

<2号ファンド概要>

名称
(登記上の名称)
KDDI新規事業育成2号ファンド
(KDDI新規事業育成2号投資事業有限責任組合)
運用期間 2024年5月までの10年間を予定
投資対象 国内外のスタートアップ企業
運用総額 50億円 (予定)
運営者 グローバル・ブレイン株式会社

 

<グローバル・ブレイン株式会社概要>

設立年月日 1998年1月14日
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山3-2-4 日新青山ビル9階
代表者 百合本 安彦 (代表取締役社長)
事業内容 ベンチャーキャピタル事業

 

(参考)

スタートアップ企業の成長段階に合わせて、「KDDI ∞ Labo」、「KDDI Open Inovation Fund」を通じた支援を実施


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。