メニューを開く
検索エリア

総務省「テレワーク先駆者百選」に選定

このページを印刷する

2016年4月7日

KDDI株式会社

KDDI株式会社は、2016年4月1日、総務省が認定する「テレワーク先駆者百選」に選定されました。

「テレワーク先駆者百選」は、総務省がテレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体等を選定するもので、2016年に新設されたものです。

KDDIは、仕事とプライベートのマネジメントを社員自らが行い、業務効率化や労働⽣産性の向上を図る「ワークライフマネジメント向上」を推進しています。その一環として、2005年に在宅勤務を開始し、現在では約7,000名の社員がテレワークを利用できる環境を整備しています。

KDDIは今後も、一層、テレワーク勤務をはじめとした各種制度の環境整備や社員啓発を通じて、ワークライフマネジメント向上に努めて参ります。

<「テレワーク先駆者百選」の概要>
テレワークのさらなる普及促進を図るため、総務省が新たに創設した認定制度で、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体等を「テレワーク先駆者」とし、その中で特にテレワークの頻度や対象規模、実施率等について積極的に取り組んでいる36団体を「テレワーク先駆者百選」として公表しました。

新規ウィンドウが開きます総務省「テレワーク先駆者百選」ホームページ


テレワーク先駆者百選ロゴ


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。