メニューを開く
検索エリア

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同

このページを印刷する

2016年1月4日

KDDI株式会社

KDDI株式会社 (以下「KDDI」) 代表取締役社長の田中孝司は、内閣府が主催する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」(注) の行動宣言に賛同し、以下の「行動宣言」を策定いたしました。

KDDIは、従業員の持つべき考え方、価値観、行動規範である「KDDIフィロソフィ」の一項目にKDDIの目指す姿として「ダイバーシティが基本」と明記しております。グローバル化が加速するなど変化が激しい事業環境の中でKDDIが持続的成長を実現するためには、性別、障がいの有無、国籍、性的指向など多種多様な価値観を持つ人財がお互いを理解し、尊重しながら活躍することが必要不可欠であると考えています。

現在、KDDIでは、「経営の意思決定の場に女性社員を増やすこと」を目的に2015年度女性ライン長90名 (女性ライン長比率7%) の登用を目標に掲げ、「役員補佐職」の導入や「女性ライン長登用プログラム」を通じて、女性リーダーの育成に努めています。また、2007年に発足した社長直轄の社内横断プロジェクト「Win-K (ウィンク)」が、女性社員の意識啓発や女性社員同士のネットワーキングに取り組んでいます。さらに、2014年にはKDDI初の女性役員を登用し、2015年には女性社外取締役が就任しています。

KDDIは、同会の「行動宣言」の3つの柱 (「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワークを進める」) に則り、今後も女性リーダーの育成・登用を軸に、柔軟な働き方の実現などを通じ、多くの女性が輝きながら活躍できる企業、社会を目指して参ります。

【参考】

  • 注)
    「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」について
    2014年3月28日に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが拡がっています。このような中、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が開催されました。

新規ウィンドウが開きます輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会「行動宣言」ホームページ
(内閣府男女共同参画局)


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。