メニューを開く
検索エリア

[注意喚起] Smart TV Boxで発生しているウィルス感染について

このページを印刷する

2016年4月4日

日頃よりSmart TV Boxをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2016年3月中旬頃から、Smart TV Boxがウィルスに感染し、「見たことのない表示が出てSmart TV Boxが操作不可能になった」という申告が多数報告されています。
お客さまにはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。
下記に、予防方法を記載いたしますので、ご確認いただけますようお願い申し上げます。

  • ウイルス感染契機と事象
    有害サイト (具体的なサイト名は不明) にアクセスすることによりSystem Updateというアプリが勝手にインストールされることにより感染します。感染すると、以下のような画面が表示され、以降Smart TV Boxが操作不能になります。
    画面ロックを解除するためにiTunesコード等の入力を要求されますが、決して請求額の支払を行わないようご注意ください。

    事象が発生した場合は、お客様ご自身にて復旧することができません。
    Smart TV Boxの交換が必要となりますので、ご契約のケーブルテレビ局へお問い合わせください。

  • 対象端末
    有害サイトへアクセスしたすべてのSmart TV Box

  • 予防方法
    以下の方法にて、予防が可能です。

1. 提供元不明のアプリのインストールを許可しない

  • [1]
    設定方法

    以下の手順にて「提供元不明のアプリのインストールを許可する」のチェックを外してください。

  • [2]
    提供元不明アプリのブロック

    提供元不明のアプリのインストールを許可しない設定しておけば、有害サイトから、勝手に不正なアプリがダウンロード&インストールされてしまった場合でも、ブロックされます。
    キャンセルすることで、不正なアプリのインストールを防止できます。

2. ウィルスバスターによる検知と削除

  • [1]
    ウィルススキャン実施方法

    以下の手順にて、ウィルススキャンを実施してください。

  • [2]
    アップデート確認

    ウイルスバスターのパターンファイルが最新版にアップデートされているか確認してください。

  • [3]
    スキャン実施・結果確認

  • [4]
    ウィルスアプリの削除方法

  • [5]
    アンインストールできない場合には

    ウィルスアプリに対して、デバイス管理者権限が有効となってしまっている場合は以下の画面が表示されます。一旦、「OK」を押下し、画面を終了後、「該当項目へジャンプします[6] 管理者権限の無効化方法」を行った上で、再度アプリのアンインストールをお願いします。

  • [6]
    管理者権限の無効化方法

以降、「[1] ウィルススキャン実施方法」~「[4] ウィルスアプリの削除方法」の手順にて、ウィルスアプリのスキャンと削除を実施してください。

該当項目へジャンプします「[1] ウィルススキャン実施方法」へ戻る


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。