携帯電話、スマートフォン、クラウドならKDDI

Designing The Future KDDI

ナビゲーションをスキップして本文へ

メニューを開く
検索エリア

東武東上線 池袋駅のトイレ空室状況がアプリで確認可能に! ~「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」が東武鉄道株式会社に採用~

このページを印刷する

2018年3月27日

KDDI株式会社

KDDIは、IoTでトイレの空室状況を把握・管理できる「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」(注1) が、東武鉄道株式会社 (本社: 東京都墨田区、取締役社長: 根津 嘉澄、以下 東武鉄道) に採用されたことをお知らせします。
これにより、スマートフォンから駅トイレの空室状況が分かるようになります。

東武線のご利用者さまは、東武鉄道公式アプリ「東武線アプリ」(注2) を利用して、東武線で最多の乗降人員 (注3) となる東武東上線池袋駅の個室トイレ (南改札口、北改札口) の空室状況リアルタイムを確認することができます。
お客さまは、電車内や駅構内で必要なときに、空いているトイレを探す時間や手間をかけることなく、スマートフォンで、今すぐ利用可能なトイレの場所が分かるようになります。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」は、新規ウィンドウが開きます鉄道業界での採用やオフィスビルなどさまざまなシーンで利用されています。
KDDIは、これからも、さまざまなパートナーさまとともにIoTを活用することで、お客さまが安心・安全で便利に暮らせる社会を目指してまいります。

画面イメージ (駅トイレ個室空き情報)

■東武鉄道公式「東武線アプリ」(注2)

2018年3月29日 (予定) より、App Store (iOS)、Google Play (TM) (Android (TM)) から、ダウンロードいただけます。

「東武線アプリ」アイコン

  • Android、Google Playは、Google LLCの商標または登録商標です。
  • App Storeは、は、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
  • その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。