携帯電話、スマートフォン、クラウドならKDDI

Designing The Future KDDI

ナビゲーションをスキップして本文へ

メニューを開く
検索エリア

レオパレス21とKDDI、IoT活用による不正駐車・ごみ出しの遠隔監視に関する実証実験を開始 ~IoT でより安心・安全で便利な生活へ~

このページを印刷する

2018年3月23日

株式会社レオパレス21
KDDI株式会社
アイレット株式会社

株式会社レオパレス21 (東京都中野区、代表取締役社長: 深山 英世、以下レオパレス21) とKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI)、KDDIグループのアイレット株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 齋藤 将平、以下アイレット) は、オプテックス株式会社 (本社: 滋賀県大津市、代表取締役社長: 上村 透、以下オプテックス) とともに、2018年3月26日より、IoTを活用した賃貸アパートの駐車場とごみ置き場の遠隔監視に関する実証実験を開始します。

「契約駐車場の不正駐車」、および「時間外のごみ出し・不法投棄」は入居者様のお困りごとの上位であり、快適で安心に暮らしていただくために、これまでレオパレス21においても解決に向け取り組んでまいりました。
本実証実験では、対象のレオパレス21管理物件 (埼玉県川口市1棟) において、駐車スペースに設置された地磁気センサーによって駐車有無の検知が可能となっており、駐車がある場合、管理者に自動で通知されます。また、ごみ置き場の扉には開閉センサーを設置し、指定時間外に開閉があった場合には、管理者に通知されます。通知を受け取った管理者は、既存のネットワークカメラで現場の状況を確認することができ、時間外のごみ出しおよび不法投棄を監視可能となります。なお、監視状況はクラウド上に管理されるため、パソコンやスマートフォンなどでいつでも確認することができます。
これにより、管理者は物件を常に監視する必要が無くなるため、業務効率化に繋がります。また、センサーによる通知によって、不正駐車と時間外のごみ出し・不法投棄に即時対応が可能となります。

本実証実験で、IoT活用に関する実用性・技術の検証を行い、今後、レオパレス21、KDDI、アイレットは、賃貸物件を中心にIoTを活用する各種サービスなどへの応用・展開を模索し、入居者様がより一層安心・安全に住める環境の実現を目指してまいります。

システム構成図

■概要

  • 実施期間: 
    2018年3月26日から 2018年4月25日まで
  • 所: 
    埼玉県川口市 (レオパレス21管理物件、1棟)
  • 容: 
    駐車場の不正駐車監視と時間外のごみ出し・不法投棄監視に関する実証実験および検証
    • (1)
      駐車場の不正駐車監視

      未契約駐車場において、駐車有無検知により不正駐車を遠隔監視します。不正駐車検知時には、管理者へメールで通知します。

    • (2)
      時間外のごみ出し・不法投棄監視

      指定時間外に開閉を検知した場合、管理者にメールで通知されます。通知を受け取った管理者は、既存のネットワークカメラで現場の状況を確認することができ、時間外のごみ出しおよび不法投棄を監視可能となります。

地磁気センサー (駐車場) 開閉センサー (ごみ置き場)

■各社の役割

  • レオパレス21
    • 実証実験の場所提供、および実証実験に伴う管理業務全般と評価
  • KDDI
    • 実証実験の取りまとめ
    • システム全体設計、構築
    • 通信ネットワークの提供
  • アイレット
    • AWS環境の設計構築
    • センシングデータ連携アプリケーション開発
    • ダッシュボードデザイン
  • オプテックス
    • センサーの開発・提供、構築

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。