メニューを開く
検索エリア

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」がさまざまな種類の個室トイレに対応 ~多目的トイレにも対応し、より便利なサービスに進化~

このページを印刷する

2018年2月9日

KDDI株式会社

KDDIは、2018年2月9日より、IoTでトイレの空室情報が分かる「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」において、さまざまな種類の個室トイレに対応するため、センサーのラインアップを拡充します。また、設置機器を購入可能な買取プランの提供も開始します。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」は、トイレにIoTを活用することで、スマートフォンやパソコンなどから空き状況をリアルタイムに確認できるサービスです。利用者は、個室トイレの空室を探す時間や手間を減らすことができます。

これまでは、空室時にドアが開いた状態になっている個室トイレに対応していましたが、このたび、「マグネットセンサー (分離式)」と「遮断センサー (赤外線センサー)」の追加により、空室状況にかかわらず常に閉まった状態のドアやスライド式ドア、また、多目的トイレなど (注1) さまざまなタイプの個室トイレに対応可能となりました。また、「遮断センサー (赤外線センサー)」によって、小便器の利用実態の把握にも対応可能です。

左:「マグネットセンサー (分離式)」、右:「遮断センサー (赤外線センサー)」

(左から、スライド式ドア、遮断センサー、小便器) 設置イメージ

また、これまでの、分かりやすく手軽にご利用いただける月額定額による「レンタルプラン」に加え、長期利用を前提としたお客さま向けに、機器一式を一括購入する「買取プラン」の提供も開始します。

KDDIは、今後も、IoT通信からデータ活用サービスまでのトータルソリューションを提供し、お客さまの本業に貢献するとともに、さまざまなパートナーとともに、安心・安全で便利な社会を目指してまいります。

新規ウィンドウが開きますKDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~

1.「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」概要

個室トイレのドアに設置されたセンサーにより開閉状況を検知し、KDDIのLTEネットワークを経由してクラウド上に空室状況が送信されます。利用者は自身のスマートフォンやパソコンからトイレの空室状態が確認できるほか、ビルの管理者は、トイレごとの利用率を把握できます。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」イメージ

2. 提供料金

(1) 買取プラン (新設) (注2)

提供項目提供料金 (注3)必要個数 (注4)
センサー マグネットセンサー (一体型) 4,000円
利用料として月額200円
1個室当たり1個
マグネットセンサー (分離式) 5,000円
利用料として月額200円
遮断センサー (赤外線センサー)
ゲートウェイ 25,000円 トイレ1箇所当たり1個
ルータ 43,000円
au LTE料金 (クラウドサービス含む) 月額1,800円

(2) レンタルプラン (既存) (注5)

提供項目提供料金 (注3)必要個数 (注4)
センサー マグネットセンサー (一体型) 月額450円から 1個室当たり1個
マグネットセンサー (分離式) 月額500円から
遮断センサー (赤外線センサー)
ゲートウェイ、ルータ、au LTE料金 (クラウドサービス含む) 一式 月額4,600円から トイレ1箇所当たり1個
  • 別途、設置作業費用とLTE回線事務手数料がかかります。

3. 提供開始時期

2018年2月9日

4. お問い合わせ

KDDI 法人営業担当者または法人お客さまセンターまでお問い合わせください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール 0077-7007 (無料)
フリーコール 0120-921-919 (無料)

  • 受付時間:
    平日: 9:00~18:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)
  • 注1)
    一部のトイレ様式によっては対応できない場合もあります。別途、お問い合わせください。
  • 注2)
    1年間の最低契約期間があります。
  • 注3)
    機器の金額は、1台当たりの料金です。
  • 注4)
    設置環境により、必要な機器数が異なります。
  • 注5)
    2年間の最低契約期間があります。
  • 表記の価格は税抜です。

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。