メニューを開く
検索エリア

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」が小田急電鉄株式会社様に採用 ~駅のトイレの空室状況がアプリで確認可能に~

このページを印刷する

2017年6月14日

KDDI株式会社

KDDIは、小田急電鉄株式会社 (本社: 東京都新宿区、取締役社長: 星野 晃司、以下 小田急電鉄) 様に、IoTでトイレの空室状況を把握・管理できる「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」(注1) が採用されたことをお知らせします。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」を通じて、小田急線のご利用者さまは、2017年6月7日より小田急電鉄様が提供中の公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」において、駅構内図で小田急線新宿駅の一部個室トイレ (注2) の空き状況を確認することができます。これにより、小田急線ご利用者さまは、スマートフォンで"今すぐ利用可能なトイレ探し"が可能となります。

画面イメージ ※「小田急アプリ」は、小田急電鉄様で開発したものです。

KDDIは、今後も最先端のIoTソリューションで法人のお客さまの事業をサポートし、気持ち良いIoT社会の実現に取り組んでまいります。

新規ウィンドウが開きます「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」について

pdfファイルをダウンロードします「小田急アプリ」について (696KB)

■小田急電鉄様公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」

  • Android (TM) 搭載スマートフォン
    新規ウィンドウが開きますGoogle Play (TM)」よりダウンロードいただけます。
  • iOS搭載スマートフォン
    新規ウィンドウが開きますApp Store」よりダウンロードいただけます。
  • 「iOS」「AppStore」は米国およびその他の国々で登録されたApp Inc.の商標または登録商標です。
  • 「Google Play」「Android」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
  • その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。