メニューを開く
検索エリア

~KDDIの運用ノウハウが盛り込まれた監視設定内容をお届けします~「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の「マネージドオプション」の提供開始について

このページを印刷する

2017年1月26日

KDDI株式会社

KDDIは、「KDDI クラウドプラットフォームサービス (以下 KCPS)」の運用オプションとして、「マネージドオプション」の提供を開始し、第1弾として、KDDIの運用ノウハウを盛り込んだ監視設定内容を自動化ツールとして提供する「Basic」の申し込み受付を2017年1月26日より開始し、同日から提供を開始します。

これまで、監視・運用サービス導入時は監視設定を手動で設定する必要がありました。またシステムごとに適切な監視設定が異なるため、最適な監視設定にするスキルが必要とされます。
今回提供の「マネージドオプション」では、「KCPS」のAdmin Console (お客さま用管理コンソール) から、お客さまがシステム用途を選択し、ボタンを数クリックするだけで、「KCPS」と連携している株式会社はてなの監視サービス「Mackerel (マカレル)」へ自動的に設定が完了し、監視が開始されます。さらに、監視設定の内容はKDDIが長年のキャリア運用で培ったオリジナルの監視設定となっており、安心してご利用いただくことができます。

監視サービス「Mackerel (マカレル)」を提供する株式会社はてなのサービス・システム開発本部 Mackerelチーム プロデューサー 杉山広通は次のように述べています。
「はてなは、「KDDI クラウドプラットフォームサービス」マネージドオプションの提供開始を歓迎いたします。高品質で安定した運営環境を実現し、幅広い企業に利用されている「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の新たな運用メニューに、サーバー監視サービス「Mackerel」を採用いただいたことを大変嬉しく思います。「Mackerel」は、エンジニアが抱えるインフラ環境の複雑性にまつわる様々な課題を解消し、より効率的な開発・運用プロセスへの革新を支援してまいりました。はてなはKDDI株式会社との連携を強化し、KCPSをご利用のお客さまの監視・運用に関する負担を軽減するとともに、ビジネスの成長に貢献できるサービスを提供してまいります。」

なお、「マネージドオプション」では、今回提供開始の「Basic」に加えて、KDDI運用者による運用代行を行うサービスを「Professional」として、お客さまのニーズの高い機能より順次提供しますので、ご期待ください。

KDDIは、今後もクラウドをはじめとするサービスのさらなる品質向上とお客さまニーズへの対応を進め、お客さまのビジネスの成長に貢献していきます。

新規ウィンドウが開きますKDDI クラウドプラットフォームサービス: マネージドオプション

1. 特長

  • KCPSのAdmin Console (お客さま用管理コンソール) から、仮想サーバのシステム種別を選択し購入ボタンをクリックするだけで、オンラインでお申し込みをいただくことが可能です。
  • 監視サービス「Mackerel (マカレル)」への設定は、購入ボタンクリック後自動的に完了します。
  • 監視設定の内容はKDDIがキャリア運用で培ったKDDIオリジナルの監視設定です。

2. 提供内容

内容
Basic KDDIオリジナル監視 監視・レポート機能:
死活監視/リソース監視/ログ監視 (以上、自動化対応済)
プロセス監視/サービス監視/ポート監視/URL外形監視 (以上、2017年度自動化予定)

3. 提供料金

初期費用月額料金 (税抜)
Basic 無料 2,500円/仮想サーバ

4. 提供開始日

2017年1月26日

5. お問い合わせ

KDDIまたはKDDI まとめてオフィスグループ法人営業担当者、または法人お客さまセンターにご連絡ください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール0077-7007 (無料)
フリーコール0120-921-919 (無料)

  • 受付時間:
    9:00~18:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。